安満岳登山記念缶バッジプレゼント

安満岳登山記念缶バッジプレゼント

世界遺産登録候補構成資産「安満岳」


 

神、仏、キリシタンの三位が存在する安満岳は平戸島の聖地。
元々安満岳は、平戸を護る霊山で豊漁や航海安全祈願の信仰の山として知られ、安満神社:白山比賣神社(しらやまひめじんじゃ)は菊理媛尊(くくりひめのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)の三柱が祀られている。
菊理媛尊は、伊弉諾尊と伊弉冉尊が夫婦喧嘩をした際に、仲直りをさせたという事から、「縁結びに御利益」があるとされている。
そして近くには、今は廃寺となった西禅寺跡もある。
領民や潜伏キリシタンにとっては山岳信仰とあいまって聖地として参詣することが喜びとされていた。

安満岳断崖に西日があたり反射して周囲を照らす様相は絵画のようなひととき。
平戸島最高峰の安満岳は標高約514m。春日集落側は断崖絶壁だが、大きく迂回した西側参道と東側からの登山道がある。両方共に途中の鳥居で合流、その後は神社へ続く石積みの階段を登り、神社へ。神社奥に頂上展望所があり、そこから春日集落と美しい海が見え、彼方には生月島を見渡すことができる。付近には石祠や山野草がある。(文面:九州観光推進機構引用)

 

 

 

 

 

 


登山記念特製「缶バッジ」プレゼント


頂上から見える風景をバックに記念写真
頂上から見える風景をバックに記念写真
特製「安満岳缶バッジ」
特製「安満岳缶バッジ」

 

 

 

 

 

 

 

 


正面登山口からは、整備された登山道を約30分ほど登ります。幼稚園児も登って来るような道ですから気軽に頂上まで歩けます。
安満岳山頂から見える、春日集落や生月島!この風景をバックに携帯で、自撮りあるいはグル
ープで記念写真をしてください。
平戸観光交流センターで携帯写真を提示していただければ、写真人数分の缶バッジをさしあげます。その際に、簡単なアンケートにお答えくださいね!
そして、インスタグラムをやってる方は、#hirado_love と #世界遺産候補 でアップしてください!
アップされた方には、特製「クリアファイル」もプレゼントします!

■平戸観光交流センター 0950-22-3060 地図はこちら